豊洲で働く会社員と育児に奮闘するママの為の整体でつらい腰痛を改善します。子連れ、妊婦の施術もOK。WHO基準カイロプラクターのもとに施術を提供しています。

豊洲カイロプラクティック


ヘルニアを治す?!

ヘルニアを治す?!

カイロプラクティックや整体の広告で「ヘルニアが治る」とか「ヘルニアを治す」といった文言を見かけることがあります。これは、正しい言葉ではありません。「椎間板ヘルニア」とは、椎間板の中身(髄核)が外に飛び出てしまうことを言います。医学的には細かい分類があるようですが、とにかく中身が飛び出すことをヘルニアというわけです。日本語では突出という表現をすることもあります。

002b.jpg002c -kopi.jpg003a - kopi.jpg
椎間板ヘルニアの説明図
イラスト引用:動きの解剖学Ⅱ 科学新聞社

突出した状態は器質的な変化です。これを治すことは、カイロプラクティックや整体などの手技療法では不可能です。もし仮にヘルニアを取り除くのであれば、外科手術が必要になります。よって、正しくは「椎間板ヘルニアが影響していると思われる症状を改善させる」ということになります。
ここでも、もう一つ注意する点があります。例えば、整形外科で「椎間板ヘルニア」の診断を受けたとしても、それが症状の原因かどうかは疑問なケースがあります。そもそもX線(レントゲン)の撮影しかしていない場合、椎間板ヘルニアの診断はできません。椎間板は軟骨のため、X線では判断できません。MRI検査が必要になります。つまり、MRI検査をしていなければ椎間板ヘルニアかどうかはわかりません。
それも含めて椎間板ヘルニアが必ずしも症状につながるとは言えません。腰痛などがなく健康な人も含めて調査したところ、およそ7割の人に椎間板ヘルニアもしくは変性があったという研究報告もあります。椎間板ヘルニアがあっても無症状の人がたくさんいたのです。

こういったことからも、椎間板ヘルニアと症状との関係には一考の余地があります。症状があり椎間板ヘルニアという器質的な問題を有している状態であったとしても、手技療法で改善できる可能性はあるということです。実際、臨床経験上において、椎間板ヘルニアが存在していたとしても手技療法によって症状が改善できるケースはかなり多いと感じます。それゆえに椎間板ヘルニアを必要以上に恐れることはありません。ただし、器質的変化は手技療法では治りませんので、症状の原因が何であるのかを見極める必要があります。
椎間板ヘルニアが原因と思われる症状に対して、カイロプラクティックが有効なケースは多々あります。椎間板ヘルニアを治すのではありませんが椎間板ヘルニアが影響している問題を改善させるのです。これにより症状が良くなります。

P1020701.JPG椎間板ヘルニアを治すと説明している手技療法があれば、説明をしっかり聞いてみることをお勧めします。整形外科も含めて、便宜上、椎間板ヘルニアを治すと伝えていることもあるかもしれませんが、それはお身体の問題で真剣に悩んでいる方に対して真摯な説明であるとは思いません。
豊洲カイロでは、考えられる状態を正確に説明しています。ご不明な点はご納得いくまでご質問ください。今回は難しい表現で失礼しました。どんな些細なことでも構いませんので遠慮なくおたずねください。






 

豊洲カイロプラクティックのご案内

住      所:
〒135-0061 東京都江東区豊洲4-1-2TOSKビル302
アクセス:
東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ 豊洲駅4番出口すぐ(0分)
お問い合わせ・ご予約
03-3536-7879
受付時間:
平 日10:00-13:00/15:00-20:00
土曜日10:00-17:00(最終受付時間)
定休日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ



豊洲駅×カイロプラクティック
【2018年4月時点】

ページ上部へ