豊洲で働く会社員と育児に奮闘するママの為の整体でつらい腰痛を改善します。子連れ、妊婦の施術もOK。WHO基準カイロプラクターのもとに施術を提供しています。

豊洲カイロプラクティック


死因はカイロプラクティック!?

昨年、アメリカのモデルさんが急死した原因がカイロプラクティックの施術によるものであったという報道がありました。

首に痛みがあったためカイロプラクティックの施術を受けたが痛みが引かず、数日後に亡くなられたそうです。検視の結果はカイロプラクティックの頚椎の矯正によって椎骨動脈が裂けて損傷したことが原因であったということです。予めお断りしておきますが、今回お伝えする内容はあくまでも記事の内容から想像する範囲での個人的な見解となります。

kekkan.jpg
出典tmin.igakuken.or.jp

起こってはならないことは思いますが、こういったケースはゼロとは言い切れないと考えます。しかし、それによって頚椎への矯正が全て危険というわけではありません。頚椎への矯正は、正確な解剖学的知識を持ち理論に基づいて行えば危険なものではありません。今回はアメリカのケースですので、当然D.C.(ドクターオブカイロプラクティック)の資格を持った方の施術であったはずです。想像の範囲になりますが、矯正自体に問題があった可能性は低いのではないかと思います。それよりも、治療前に頚椎の血管に問題があることを発見できなかった可能性が高いのではないでしょうか。

脳に血液を供給する血管の問題を発見する整形学検査はいくつかありますが、病変が存在していても陰性となることもあり、少しでも安全性を高めるためには医療機関での精密検査が必要になってきます。もちろん、問診や整形学検査ななどでもある程度の危険性は回避できます。

今回の問題はカイロプラクティックの矯正が危険であるかどうかの問題ではないと考えます。カイロプラクティックの矯正によって血管が切れるということは、よほどの悪意を持って想像を超える力で矯正を行わない限り難しいとも思います。よって、すでに血管に何らかしらの病変が存在していて、それを認知できずに矯正をしたこと、予め血管の病変を発見できなかったことが問題であったと考えます。つまりカイロプラクティック治療の適応か否かという鑑別の問題です。

ちなみに、カイロプラクティックの頚椎の矯正で脳梗塞になる確率は585万分の1回という研究結果もあるそうです。カイロプラクティックに限らず、残念ながら医療現場においても医療事故は起こります。それを少しでも防ぐためにも豊富な知識と経験が求められるわけです。つまり、正しい知識と経験が今回のような悲劇を防ぐ唯一の方法といえます。

P1020569.JPG今回の報道内容だけで、いたずらにカイロプラクティックが危険な施術法であるように捉えることは間違っていると思います。今回のケースの詳細については不明な点が多いため、先述したように現時点での個人的な見解であることをご了承ください。

豊洲カイロでは、徹底した問診・検査によって安全性を向上させています。また、施術前の整形学検査などで病変が認知できないこともあるということを想定して、危険性が高くなる強い矯正は行っていません。特に頚椎に関しては、安全性の高い矯正方法にて施術を行なっていますのでご安心ください。ご不安な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

豊洲カイロプラクティックのご案内

住      所:
〒135-0061 東京都江東区豊洲4-1-2TOSKビル302
アクセス:
東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ 豊洲駅4番出口すぐ(0分)
お問い合わせ・ご予約
03-3536-7879
受付時間:
平 日10:00-13:00/15:00-20:00
土曜日10:00-17:00(最終受付時間)
定休日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日

ページ上部へ