豊洲で働く会社員と育児に奮闘するママの為の整体でつらい腰痛を改善します。子連れ、妊婦の施術もOK。WHO基準カイロプラクターのもとに施術を提供しています。

豊洲カイロプラクティック


カイロプラクターになりませんか!

今回は、カイロプラクティック教育校のご紹介をさせて頂きます。現代社会において、現代医療だけでは人々の健康面をサポートしていけない状況は明らかであり、今後、カイロプラクティックを含めた医療代替手技療法のニーズは高くなると思います。社会でのニーズおよび職業としてのカイロプラクティックは将来性が高いと考えます。
しかしながら、安全性、技術力、カイロプラクティック自体の正しい認識なども含めて、多くの問題があり、カイロプラクティック教育の環境は決して良いものであるとは言えません。実際、多くのカイロプラクティック教育校が閉鎖しており、カイロプラクティック自体の市場規模は縮小傾向にある気がしてなりません。日本にはカイロプラクティックの法律がありません。制定してもらえるよう長年にわたり、国をはじめ関係機関にはたらきかけているようですが、いまだ実現はしていません。現状としても、国家資格になる可能性はかなり低いとのこと。いろいろ諸事情があるようです。忖度があれば良いのですが・・・(笑)海外ではカイロプラクティック教育は大学教育として行われています。しかし、日本では法律自体がありませんので、カイロプラクティック教育を大学で行うことは不可能です。そのような状況の中で、国際認証を受けているカイロプラクティック教育校があります。

o0600045013976250856.jpgTCCは、WHOの教育基準の基づいた教育を行い、それに対して唯一正規なDC(Doctor of Chiropractic)の称号を発行できるカイロプラクティック教育機関です。前身のロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)カイロプラクティック学科日本校の時代より22年の歴史があり、海外のカイロプラクターと同じレベルの教育を受けることができる唯一の教育校です。カイロプラクターは、大変なことも多いですが、多くの方に喜んでいただけるやりがいのある職業です。素晴らしいカイロプラクティックの技術を世の中に広めて、多くの方の役に立つ職業のカイロプラクターを目指しませんか?WHO基準の教育を受け、国際的に通用するカイロプラクターを目指しましょう。

ちなみに、僕はもともと2年間の教育校を卒業しましたが、WHO基準の教育時間数には足りていなかったため、TCCで行われた3年間のプログラムを受講し、JCR試験に合格することでWHO基準のカイロプラクターになりました。ご興味のある方は、遠慮なくご質問ください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

豊洲カイロプラクティックのご案内

住      所:
〒135-0061 東京都江東区豊洲4-1-2TOSKビル302
アクセス:
東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ 豊洲駅4番出口すぐ(0分)
お問い合わせ・ご予約
03-3536-7879
受付時間:
平 日10:00-13:00/15:00-20:00
土曜日10:00-17:00(最終受付時間)
定休日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ



豊洲駅×カイロプラクティック
【2018年4月時点】

ページ上部へ