マッサージとカイロプラクティックの違い

マッサージがいいのか?カイロプラクティックがいいのか?

初めて来院される方には「整体との違い」のほかにマッサージについてよく聞かれます。「マッサージよりもカイロプラクティックの方が良いですか?」マッサージは主に筋肉の緊張を取り除き、静脈やリンパの流れを促進させ筋肉を回復させます。それに対して、カイロプラクティックは関節の動きを正常化することで神経の流れを改善させ、筋肉の働きを活性化させます。
 
カイロプラクティックでこりを解消
 
例えば、硬くコリ固まっている筋肉があるとします。マッサージは、その筋肉を直接もんだり緩めたりして回復させます。(もちろん皮膚を介してです)カイロプラクティックでは、筋肉の働きを良くする為に関節にアプローチします。簡単に言うと矯正です。(筋肉のコリがひどい場合は直接緩和させる施術も行います。)

関節を矯正して神経の流れを良くする

筋肉は骨にくっついています。(起始・停止)骨と骨が関節をつくっています。つまり関節をまたぐ形で筋肉がくっついています。関節の動きが悪いとくっついている筋肉は正しく働きません。
筋肉のこりを解消
 
また、筋肉には脳から神経がつながっています。脳からの命令で筋肉が働くので、このつながりが重要になります。カイロプラクティックは関節・神経の働きを良くする事で問題がおきている筋肉(硬さやコリなど)を回復させるのです。よって、マッサージが悪いわけではありません。それぞれ、症状に対して特長があるのです。
マッサージでなかなか回復しなかったり、すぐに元に戻ってしまうような症状は、関節、神経の働きを良くする事で筋肉を回復させるカイロプラクティックが良いでしょう。そんな方はカイロプラクティックの施術をぜひ一度試してみて下さい。
 
 
臨床レポートページにて様々な改善例をお伝えしています。参考にしてみてください。