ボキボキってなんの音?

ボキボキの正体は・・・

ご質問を受けました。「矯正する時のボキボキっていう音は何の音ですか?」一般的に、このボキボキっていうのが怖いと感じている方が多いようです。カイロプラクティックの矯正のひとつに、手技でずれた骨を元に戻し関節の働きを改善させる方法があります。アジャストメントなんていう言い方もします。この時、ボキボキとかパキッとか音がすることがあるのです。この音、骨が動く時にぶつかっていると思われている方が多いようですが、実は違います。これはガスが抜ける音と言われています。(ちなみに矯正時に骨の動く距離はミリ単位のレベルです。)関節は骨と骨で構成されますが、直接くっついているわけではありません。関節包(かんせつほう)というもので覆われています。そこに関節腔という空間があり、その覆われた中に滑液という液体が入っています。いわゆるオイルのような潤滑液です。

イラストで学ぶ解剖学 医学書院より

その関節包内で滑液の中にある気体が抜ける時に音がするわけです。何かをはじめる時とか、ケンカをする時とか指をパキパキって鳴らしますよね。(実際はやらないかもしれませんが・・・)あれも同じことです。鳴らした直後、もう1回やろうとしても鳴らないことが多いと思います。気体が抜けてしまったので、しばらくは鳴りません。

ボキボキが必要であるわけではありません

以前は、この音の原因は不明でした。しかし現在では気体の抜ける音という説が有力になっています。音の性質を分析したところ気体の音であるという結果だったそうです。ですから音自体を怖がる必要はありません。また矯正で必ず音が鳴るとも限りません。豊洲カイロプラクティックでは、必要である場合のみ矯正(アジャストメント)をします。むやみに矯正をすることはありません。反対に必要でなければ矯正はしません。からだ全体をチェックして状態を確認してから必要かどうかを判断します。施術時における矯正はどうぞご安心ください。少しでも不安がある場合は、遠慮なくお伝えください。

豊洲カイロ矯正