きっかけでしかありません。

ぎっくり腰の原因は?

先日、来院されたぎっくり腰の方は、不意にくしゃみをした瞬間に腰にギクッときて動けなくなってしまいました。すごく簡単にいうと、腰椎の急性捻挫というところですが、原因はなんでしょうか。もちろん腰が痛いのだから腰が悪いのですが、この原因は身体のゆがみです。特に腰椎のゆがみがあったとは思いますが、腰椎だけではなく胸椎や股関節にも問題があったと思われます。

豊洲腰痛腸腰筋

背骨のS字の弯曲(カーブ)ですね。この弯曲がゆがみによって崩れてしまいました。背骨の弯曲が崩れてしまうと、身体を支えるはずの背骨が正しく機能せず、一部分に負担がかかってしまいます。そこにくしゃみの衝撃が加わると負担のかかった腰は身体を支えきれずに脳から命令が出て神経を伝わり筋肉を固めてしまいます。炎症が起これば当然痛いのです。

本当の原因は?

つまり、くしゃみはきっかけでしかありません。引き金となっただけですね。くしゃみは誰でもしますよね。くしゃみが悪いわけではなく、腰椎をはじめ背骨の弯曲(カーブ)のゆがみが悪いのです。また、くしゃみをする時の身体の体勢にも問題があったと思います。身体のバランスの悪さに加え、不良姿勢が原因で起こった症状といえます。

視診豊洲カイロ

さまざまな要因が重なり、ぎっくり腰が起こります。その原因を見極めて、根本的解決をはかるのがカイロプラクティックの施術になります。ぎっくり腰を繰り返すような方は、カイロプラクティックの施術が合っていると思います。放っておいても何の解決にもなりません。是非、根本から改善させることを目指してください。