椎間板ヘルニアは治りません(症状は改善します)

椎間板ヘルニアは治らない⁉

豊洲カイロプラクティックには、椎間板ヘルニアの診断を受けた方が多く来院されます。腰痛であったり、お尻の痛みであたり、足へがしびれるといった症状です。そこで一つ、はっきりさせておきたいことがあります。カイロプラクティックの施術では、椎間板ヘルニア自体は治りません。

 

参考図:動きの解剖学より

椎間板とは、脊椎の間にクッションの役割となって存在する軟骨です。この軟骨の中心には髄核と呼ばれるボールが入っています。ボールの周りには線維輪というゼリー状の物質が覆っています。髄核というボールが線維輪を壊して飛び出してくることをヘルニアといいます。椎間板ヘルニアは頚椎や腰椎でおこることが多く、脊椎の生理的なカーブが崩れてしまい、椎間板に負担がかかった結果起こります。

参考図:動きの解剖学Ⅰより

参考図:イラストで学ぶ解剖学より

起こってしまったヘルニアは、基本的には元に戻すことはできません。身体の奥で起きていることですので、手術をして取り除く意外は飛び出してしまった髄核は戻せません。器質的な問題はカイロプラクティックでは治せません。しかし、症状は改善できるケースが多くあります。それでは、カイロプラクティックの施術はどうするのか?

カイロプラクティックではどうやって症状を改善させるのか?

カイロプラクティックでは椎間板ヘルニアによって二次的に現れてしまった症状を改善させます。いろいろなケースがありますが、例えばヘルニアによって身体のバランスが崩れ、腰椎の関節に負担がかかっていたとすると、負担がかからないようにしてあげるのです。それにより腰痛は改善します。つまり、椎間板ヘルニアを直接的に治しているわけではありません。絶対にそれはできません。当然ながら、椎間板ヘルニアがある方に対してカイロプラクティックの施術が全て適応になるわけではありません。直接的な症状や痛みが強い場合などは医療機関を必ず受診して頂くことになります。神経症状による歩行障害や排尿障害などが起きている場合は、直ちに医療機関の受診となります。

カウンセリング豊洲

よって、カイロプラクティックの施術において重要なのは、椎間板ヘルニアの既往歴がある方へのカイロプラクティックの適応か否かの判断です。これが一番重要になります。豊洲カイロプラクティックでは、経験を活かした検査によって慎重に判断をしています。カイロプラクティックでは椎間板ヘルニア自体を治すことはできません。しかしながら、適応できる状態であれば施術は可能であり有効と考えます。

先日、椎間板ヘルニア自体を治してもらえると思っている方がいらっしゃいましたので、丁寧に説明をしてご納得頂きました。よくわからない方も多いようなので、この度、ブログでも取り上げてみました。今後も、ご理解頂けるよう、皆さんが心配になる椎間板ヘルニアについてもお伝えしたいと思います。