ストレッチによって悪くなるケースもあります。

ストレッチで悪くなる??

肩こりや首痛でお悩みの方の対処法のひとつとしてストレッチがあります。意外と多くの方が実行されていますが、ストレッチによってかえって悪くなるケースがあります。ストレッチは凝り固まった筋肉を緩める効果がありますが、筋肉は固くなっているからといって伸ばせばよいというわけではありません。

肩の痛み四十肩豊洲

それは、筋肉の状態が縮んでいるのか、伸びているのかということで対処が変わるからです。大きく分けると、凝り固まっている筋肉が縮んで固くなっているのか、伸ばされて固くなっているのかに分けられます。この時、伸ばされている筋肉をストレッチで伸ばしてしまうと、より状態を悪化させてしまいます。場合によっては、寝違いなどの決定的な原因にもなってしまいます。ですから、肩こりや首の痛みがある時にストレッチをすることで改善するケースばかりではないということを知っておく必要があります。実際、寝違えや腰痛になった時にストレッチによって悪化させて来院される方が意外と多いのです。

豊洲カイロプラクティックでは・・・

豊洲カイロでは、ストレッチは必要ならば積極的にやってもらいますが、初期症状や状態が不安定な時はやめてもらいます。例え、やることで状態が改善しても、たまたまストレッチが効いた可能性もあるので、リスク回避をするうえでも中止してもらうことが多いです。もちろん、必要な場合はやってもらいます。

豊洲鎖骨の痛み

カイロプラクティックの施術を行なううえで考慮する点に、「正しい関節の動き」があります。筋肉は関節をまたいで骨に付着しています。つまり、関節の状態が悪いと筋肉も正しくは働けません。あくまでも、その時点で症状に対して必要であるかないかで判断しなけれいけません。カイロプラクティックケアは関節の正しい動きを改善させることが得意です。このブログでお伝えしているように万人に共通して完全に良いものは少ないということです。したがって、ストレッチが危険な場合があることを知っておくことが大切だと考えます。不明な点や疑問点な遠慮なくご相談ください。